アボルブ

Home > 治療内容 > AGA治療 > アボルブ

アボルブ(デュタステリド)は英国グラクソ・スミスクライン社で開発された5αリダクターゼ阻害薬です。アボルブは国内では前立腺肥大症の薬として販売されていますが、AGAの原因物質である男性ホルモン(DHT)を抑制する効果があります。従来のAGA( 男性型脱毛症 )の治療薬であるプロペシアよりも効果的に男性ホルモンを抑制するという発表もあります。

アボルブ(デュタステリド)の作用機序

男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。DHTは非常に強い男性ホルモン作用を持ち、DHTが多いと毛根にダメージを与え、脱毛が進みます。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、プロペシアがⅡ型のみを阻害するのに対し、アボルブは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方を阻害することで、男性ホルモンのテストステロンから高活性ホルモンDHTへの変換を抑制します。
そのため、アボルブはプロペシアよりも効果が高いとされています。

アボルブについての誤解

アボルブは、日本国内では一般的に、「前立腺肥大症治療薬」として処方されております。これを聞くと、「前立腺肥大症でない人はアボルブを飲んではいけないのではないか?」とか「アボルブはAGAの薬ではない」と感じ、服用をためらう方も多くいらっしゃいます。

そもそもAGAの治療薬であるプロペシアも元々は前立腺肥大症の治療薬として開発した経緯があります。開発の途中で、脱毛治療にも効果があることがわかり、AGAの治療薬としてデータを取り、厚生労働省の認可を受けて発売になりました。ですから、プロペシアも前立腺肥大症にも効果があるのです。

プロペシアに対してアボルブは、メーカーが前立腺肥大症の治験データをもとに認可を申請したので、前立腺肥大症の薬として認可されているものですが、根本的には、プロペシアもアボルブも同じ仲間の薬と思ってください。海外では、AGAの薬としてアボルブが使用されている国もあり、日本では、メーカーの考え方でそのようになっているのでしょう。

また、「アボルブは日本では認可されていない」という誤解をしている方もいらっしゃいますが、決して日本で認可されていない薬ではなく、あくまでもAGAの薬としては発売されていないとお考えください。

アボルブの治療対象

アボルブの治療対象は原則として成人(20歳以上)男性です。

円形脱毛症や栄養失調、全身疾患(甲状腺機能障害、膠原病等)、薬剤による脱毛症には効果がありません。

アボルブの服用方法

アボルブは、1日1回0.5mgを内服します。食事には関係ありません。

アボルブの費用

アボルブ 0.5mg 1箱30カプセル

いずれも税別です

アボルブ 1箱7,000円
アボルブ 3箱20,700円
1箱あたり6,900円
アボルブ 5箱34,000円
1箱あたり6,800円
セットアボルブ1箱(30カプセル)+アロビックス2本
9,800円→9,100円

処方料・診察料等は一切かかりませんので、お薬代のみとなります。

現金のみのお支払いになりますのでご了承ください。

アボルブ

*当院ではグラクソ・スミスクライン社製(純正品)のアボルブしか処方していませんので安心です。

アボルブの副作用

アボルブは長く飲む薬ですから、副作用はとても気になるところです。アボルブの副作用は非常にまれで、長期間内服しても安全性に問題がないと言われています。
少ないですが、性欲減退や性機能低下、乳房が大きくなるなどの副作用が起きると報告されています。

アボルブの注意点

アボルブを服用する方に

アボルブは、接触面の皮膚から吸収されますので、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れた場合は、直ちに石鹸と水で洗うようにしてください。